icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

瀬長島ウミカジテラスでオーシャンビューと沖縄名物タコライスランチ!

沖縄・那覇の瀬長島ウミカジテラスにてタコライスのランチを食べて来たので、レポートしたいと思います。

瀬長島ウミカジテラスって?

「瀬長島ウミカジテラス」とは、沖縄那覇空港からバスや車でおよそ15分でアクセスできる、那覇南部瀬長島の西海岸の傾斜地に作られた総合商業施設の名称です。
白で統一された建物には、おしゃれなブティックや、レストランが並び、斜面の頂上には温泉施設を備えたホテルもあるなど、2015年夏のオープン以降地元の人々や観光客に人気のスポットととなっています。

「うみかじ」とは沖縄の方言で海風を意味します。

瀬長島ウミカジテラスでオーシャンビューと沖縄名物タコライスランチ!!

瀬長島は小さな島なので、島に入るとすぐウミカジテラスが見えて来ます。

瀬長島ウミカジテラスで沖縄名物のタコライスが食べられるカフェ・レストラン

瀬長島ウミカジテラスには沖縄名物のタコライスを食べられるお店があります。
お店の名前は「タコライスcafeきじむなぁ」。
斜面のちょうど中腹辺りにある、カフェというかレストランというか、そんな感じのお店です。

タコライスって?沖縄で人気のローカルフード食べるならキングタコス


普通のタコライス以外にも、タコライスにオムレツを乗せたオムタコなどがあったり、トッピングも色々選べるようです。
アボガドが人気のようでしたが、あいにくこの日は売り切れていました。

日曜日のお昼どきだったためか、並んでるお客さんも少しいましたが、すぐに順番が回って来ました。
注文はオムタコにガーリックフレークをトッピング。
お店の中にも食事ができるテーブル席がありますが、せっかくなのでテラス席で海を眺めながら食べることにしました。

タコライスの味と、上に乗ったふわふわのオムレツ、トッピングしたサクサクのガーリックフレークがマッチしてとても美味しかったです。
瀬長島ウミカジテラスは地中海をイメージして作られているので、真っ白なテラス席で目の前に海を見ながら食べるランチは、まるでギリシャのサントリーニ島を旅行しているようで気持ちがいいですね!

バギーで巡るサントリーニ島フィラとイア!海水浴と世界一の夕日!?

バーベキューやグランピングなど、瀬長島ウミカジテラスには魅力が満載!

瀬長島ウミカジテラス全体が海に面した傾斜に作られているので、どこにいても沖縄の青い海が目に飛び込んで来ます。また、那覇空港からほど近いので、至近距離で空港に離着陸する飛行機の姿は迫力満点です。

敷地内にはレストランだけでなく、果物や野菜など沖縄ならではのローカル食材や、沖縄で作られたジュエリー、手作り工芸品などが売られるお店がたくさんあります。
また、温泉に入れるホテルの他、バーベキューやグランピング(近年注目されている新しいアウトドアの楽しみ方)など、自分たちで食材を購入し食事を楽しめる施設も充実していて、カップルから家族連れまで、幅広い世代に利用されているようです。

瀬長島ウミカジテラスへのアクセス

瀬長島ウミカジテラスは、島といっても橋で渡れる小さな島なので、那覇近郊および那覇空港から簡単にアクセスすることができます。
那覇空港、またはゆいレールの赤嶺駅から、シャトルバスが瀬長島まで運行されています。

シャトルバスでのアクセス

那覇空港〜瀬長島ホテル前 片道 大人300円 小人150円
赤嶺駅前〜瀬長島ホテル前 片道 大人200円 小人100円

瀬長島ウミカジテラス所在地

〒901-0233
沖縄県豊見城市瀬長174番地6

GoogleMapで見る

【限定】沖縄の郷土料理や独特の食事が食べられるお店まとめ10選!

まとめ

沖縄の那覇には何度か来たことがありましたが、瀬長島ウミカジテラスには今回初めて訪れました。
今回はレストランのみの利用でしたが、次回は温泉やバーベキュー施設なども機会があれば利用してみようと思います。
以上「瀬長島ウミカジテラスでオーシャンビューと沖縄名物タコライスランチ!」でした!

Sponsored Link