icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

カナダ・バンクーバーの治安。移住者が見た世界一住みやすい街の現実!?

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

どうも、カナダ・バンクーバーに住んで5年目(執筆時)となりました、ソラです。
自然と都市が融合したカナダのバンクーバーは、世界で一番住みやすい都市として上位にランクイン(英紙:The Economist)するなど、美しい街として知られていますが、治安の面はどうなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

今日は実際に長年住んでいる移住者の目線で、そんなカナダ・バンクーバーの治安について書いて見たいと思います。

カナダ・バンクーバーの治安は決して良いとは言えない。

世界で一番住みやすい都市として知られるバンクーバーですが、治安は決して良いとは言えません。
観光スポットなど綺麗な景色が広がる場所ではあまり気になりませんが、少し街から外れると、商店などの入り口に、強盗や盗難対策であろう格子のドアが設けられている様子が見受けられます。

2011年には、バンクーバーのローカルホッケーチームが試合に負けたことに腹を立てた群衆が一部暴徒化し、窓ガラスを割ったり、車に火をつけるなどの暴動が起こりました。

また、2018年にはカナダで医療目的以外のマリファナの使用も合法化されるなど、日本では考えられないような常識が共有されている社会がそこにはあります。
旅行、留学、ワーホリや出張などでバンクーバーを訪れる際は、犯罪などトラブルに巻き込まれないよう十分に注意しましょう。

バンクーバーまたはその近郊で発生している事件

以下は、バンクーバー、またはその近郊で発生が報告されている事件の例です。

すり・置き引き・ひったくり

すり、置き引きやひったくりなどは比較的頻繁に発生しているようです。
特にショッピングモールなど人が大勢いる場所では、貴重品の管理はしっかりとしましょう。

空き巣・盗難

一度チャイナタウンで自転車を盗まれた経験があります。
空き巣に入られた知人もいます。

車上荒らし

バンクーバーにすむ知人のうち何人かが被害にあっています。
旅行など、レンタカーで移動される際も注意しましょう。

行方不明

行方不明になった人を探す「Missing」の張り紙を見ることがあります。

性犯罪

レイプなどの性犯罪も報告されています。夜間に一人で出歩く際は、十分注意しましょう。

殺人

日本人留学生が殺害された、いたたまれない事件は記憶に新しい。
とても残念ですが、これが留学先としても人気のバンクーバーで起こった現実です。

バンクーバー/近郊で治安が悪いとされるエリア

ダウンタウン

オフィスビルが立ち並び、留学生にも人気の人通りの多いエリアですが、ウエストエンドは空き巣や車上荒らしの被害が多く、グランビルストリートなどでは、ホームレスも多く見かけるので、夜の一人歩きは注意が必要。

ヘイスティングスストリート

バンクーバーを東西に走るヘイスティングスストリート。特にメインストリートとの交差点付近は、夜中でもパトカーの音が鳴り止まないゲトーな雰囲気そのもので、ホームレスや、酔っ払い、薬物中毒者と思われる人たちがテントをはったり道端で物を売っていたりたむろしており、北米1汚い交差点とも言われています。
用事がないのに近づかないこと。用事があっても出来れば行きたくないエリアです。

チャイナタウン

その昔は賑わいを見せたチャイナタウンですが現在はシャッター街も多く、観光スポットでもあるガスタウンからほど近いエリアに位置していますが、1ブロック移動するだけで場所によっては急に殺伐とした雰囲気に変わります。
再開発が進み、おしゃれなレストランなども増えてきていますが、チャイナタウンでは以前実際に自転車の盗難被害にあっているので、自転車や車で訪れる際、施錠はしっかりと。(ワイヤー式ではなく鉄製のU字ロックがオススメです)

サレー

バンクーバー市からは外れますが、近郊都市であるサレー市も、犯罪や事件が多く報告されています。
旅行の場合、訪れる機会はそうないと思いますが、車でサレーに行く場合は車上荒らしに十分注意しましょう。

トラブルに巻き込まれないために

とにかく貴重品は大切に管理し、レンタカーやレンタサイクルなどの施錠は徹底しましょう。
車の中にはカバンなどを置かず、少しの時間でも自分の荷物から離れることのないようにし、治安の悪いとされるエリアには、むやみに近づかないようにしましょう。
ホームレスや、酔っ払い、薬物中毒者と思われる人を見かけたら、不必要に近づいたりせず、小銭をせびられても相手にしなければトラブルに巻き込まれることはありませんが、もし道で倒れている人を見つけたり、様子がおかしいと思った場合は、すぐに911(日本でいう110番)に連絡し、消防・警察の指示を仰ぎ対応を任せましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。これが世界一住みやすい街として語られるカナダ・バンクーバーのもう一つの側面です。
日本の日常からすると、1ブロックごとにホームレスがいて小銭をせびってきたり、マリファナが合法化されていたり、麻薬で使用する注射器が道に落ちていたりするなんて考えられないと思いますが、バンクーバーではもはや当たり前の現実です。
日本でもすりやひったくりは、少なくないと思いますが、バンクーバーでは暴行や性犯罪、人種差別における口頭での暴力などの事件や犯罪が多い印象です。
とはいうものの、バンクーバーは世界中から移民が集まり、各国の料理が楽しめるレストランが軒を連ね、美しい海と山に囲まれてた自然豊かな街であることも、また事実です。
訪れた国の良い部分だけではなく、負の部分も見つめることで、その国をより深く体験できるのではないでしょうか。
というわけで「カナダ・バンクーバーの治安。移住者が見た世界一住みやすい街の現実!?」でした!

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

Facebook

Instagram