icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

【実例】海外移住に必要な費用まとめ!留学やワーホリの参考にも!

 
オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

今日も今日とてブログを書いています。カナダのバンクーバーに移住して5年目(執筆時)となりましたソラです。
突然ですが、海外移住にかかる費用って一体いくらくらい必要なのか、漠然としすぎていて困っていませんか?
今日はそんなかたのために移住にかかった費用をまとめておきたいと思います。海を渡ったのは5年前なので、色々思い出しながら書いていきます。
「忘れる前にまとめろ!」と言われそうですが、移住してすぐ「お金これだけかかりました!」とかいやらしいじゃないですか。今でもなんかアレですけど。というわけで謎にこのタイミングとなりました。

海外移住に必要な費用まとめ

海外移住するときに必要な費用をコメントとともにまとめていきます。
結論から言うと、渡航プランによりますが合計でざっと100万円は準備が必要です。

航空券

日本の場合、島国なので海外に行くには基本飛行機になるかと思います。
船で行く人は、船のチケット代。要は移住先までの交通費が必要ですね。
移住先によって費用は異なります。
日本からカナダの場合、航空券は往復だいたい10万円前後〜。

早割はこちら!<エアトリ>

セミナー

情報収集のため移住経験者による有料セミナーなどに参加したので、そういったリサーチ費用とか。
ネットなどで情報収集できますが、経験者のナマの情報は貴重です。
セミナーによりますが、だいたい参加費用5000〜10000円のところが多い印象。

引っ越し

日本で使用していた家具や衣服などを、移住さきでも使用する場合は引越しの費用がかかります。
日本からカナダの場合、100立方cmくらいのダンボールを郵便で送るとだいたい1〜2万円。
送るにも送れず、処分もできないようなものは、コンテナサービスなどを利用することで解決できるかもしれません。

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

ビザコンサル

海外移住で通るのがビザの申請などビザ関連の手続き。
ワーホリなどの簡単な申請であればネットで調べてできますが、ワークビザや永住権の申請となると必要な提出書類も多くなり、書類に不備があるとビザが発行されない恐れなどもあるため、ビザコンサルを利用するという手段があります。
費用はなかなかですが、ミスがあってはならない書類の提出などを一括してお願いすることができます。
(カナダの場合、ビザに関するコンサルは政府公認の資格を持った人しかできません。また、ビザコンサルにお願いしたからといって、条件を満たしていない人にはビザが発行されるわけではないので注意しましょう)

申請するビザの種類によりますが、永住権の申請の場合、一人60〜80万円が相場のようです。

学費

海外移住をする場合、英語の学習をする必要が出てくるかたも多いと思います。
僕自身も日本にいる段階からいわゆる街中の英会話教室に通ったり、オンライン英会話を利用したり、移住後は現地の語学学校に通うなどして言語の学習を進めました。

英会話教室の相場6千~2万円/月
オンライン英会話の相場6千~2万円/月
語学学校の相場13〜15万円/月

語学学校に通った時の話は以下でまとめています。

カナダ・バンクーバーの語学学校に3ヶ月間通った費用などまとめ!

また、オンライン英会話は無料レッスンを実施しているところもあるので、うまく利用すれば費用を抑えて英語の学習をすることができます。
無料レッスンを実施しているオンライン英会話については、以下の記事でまとめています。

無料体験レッスンができるおすすめオンライン英会話10選!

家賃

移住後どのような住まいで暮らすかにもよりますが、持ち家や社宅などでない場合、アパートであれば家賃、ホームステイであればステイ代が必要になります。
移住してすぐ収入の担保ができる方は別として、ワーホリなど移住後から仕事を探す場合は仕事が見つかるまでの期間の家賃分を見越した貯金が必要になるでしょう。

移住する先によって相場は異なりますが、カナダの場合ルームシェアだと4〜8万円。ワンルームというサイズはあまりなく、studioという似たタイプで10万円前後、1ベッドルームといって居間と寝室が1つの部屋で10〜18万円くらいが相場のようです。

生活費

携帯や食費や光熱費など、美容院や日本で必要だったもので移住先の暮らしでも必要なものは、費用がかかります。
こちらも移住先で収入が保証されていない場合は、仕事が見つかるまでの期間を見越した貯金が必要です。

その他、処分費用

移住に際して、家や家具、車などを引き払う場合は、それらの処分に費用がかかることもあります。
売ったり譲渡できるものはなるべく捨てずに処分すれば、経済的で地球にも優しいですね。

車を一番高く売りたい方は【中古車買取オークションのSellCa】

まとめ

思いつくのはこんな感じですかね。また思い出したらここに足していきます。
海外移住は海外旅行に比べて、引越し代や、人によってはビザコンサルへの支払いなど、大きい額の支出が必要になることが多いです。
国によって、また、どのような学校のプログラムに通うかや、ビザコンサルを利用するかで大きく変わってきますが、コネなどが全くない状態から、カナダへの移住実現を目指す場合、ざっと100〜150万円くらいは必要になるイメージです。(それより多いに越したことはありませんが)
というわけで、以上「【実例】海外移住に必要な費用まとめ!留学やワーホリの参考にも!」でした!

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link