icon_fb icon_tw
BLOG

【保存版】英語で電話をしなきゃいけない!?使えるフレーズ20選!

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

海外生活も5年め(執筆時)となりました、ソラです。
今日は英語での電話対応で役立つフレーズをまとめておこうと思います。

英語での電話対応に慣れていない場合や、突然かかってきた電話に応答する時、なんて言えばいいか迷ってしまうことも多いと思います。
英語の電話対応には日本語と同様に、決まり文句のようなフレーズもあるので、スラスラ言えるようになるまで、ある程度暗記しておいても良いかもしれません。

英語での電話対応で役立つフレーズ

ビジネスでも、カジュアルなシーンでもまずはここから

”Hello”は、「こんにちは」の他に日本語の「もしもし」にあたる意味も含みます。

Hello, Can you hear me? Hello?  (もしもし、聞こえますか?もしもし?)

自分について説明する時に

“This is ~”で自分の名前などを説明します。”My name is ~” でも伝わりますが、電話の場合は”This is ~” の方が一般的です。

Hello, This is Sora.  (もしもし、ソラです。)

所属する会社などを説明する時に

“Calling from ~”で所属する会社や部署を伝えることができます。

Hello, This is Sora calling from Sorarospace company. (もしもし、ソラロスペースカンパニーのソラです。)

要件・要望を伺う時

“How can I help you?”は「ご用件は何でしょうか?」という意味になります。ビジネスシーンでかかってきた電話に応答する際、使うお約束のフレーズです。

Hello, This is Sorarospace company. How can I help you?(もしもし、ソラロスペースカンパニーです。ご用件は何でしょうか?)

電話で話したい相手に変わってもらう時に

“May I speak with ~?”

May I speak with Mr. Sora Tsukamoto?(ソラ・ツカモトさんと話せますか?)

曖昧なことについて確証を得たい時に

“I was wondering if ~” は、わからないけどどうかな〜?と気になっていることを表すニュアンスのフレーズです。曖昧なことに対して確証を得たい時に使えるフレーズです。

I was wondering if there are still stocks?(在庫はまだあるのでしょうか?)

予約(主にレストランや切符)をしたい時のフレーズ

“Make a reservation”で予約をとるという意味になります。

I would like to make a reservation for 2 people at 7:30 pm.(7時半に2名予約をしたいのですが)

予約(主に人とあう場合)をしたい時のフレーズ

“Book an appointment”で予約を入れるという意味になります

Can I book an appointment with a representative?(代表の方との打ち合わせの予定を入れられますか?)

電話がかかってきた時に

“Got a phone call”で電話がかかってきたことを表します。

Sorry, I got a phone call.(失礼、電話だ。)

電話の折り返しを表すフレーズ

“Call ~ back later”で、〜にあとで折り返すという表現になります。

I’ll call you back later.(あとで電話します)
I’ll tell him to call you back shortly.(至急折り返すよう伝えます)

相手の予定を伺うときのフレーズ

“When would be convenient for you?”

I’m able to visit your office. When would be convenient for you?(オフィスに伺います。いつがご都合よろしいですか?)

電話をした要件・目的を伝えたい時のフレーズ

“I’m calling because ~ “で電話をした要件を伝えるフレーズになります。

I’m calling because I would like to talk about the project.(企画について話したくてお電話しました。)

相手に伝言を残したい時のフレーズ

“leave a message”で伝言を残すという意味になります。

You’ve  just missed him.(あいにくちょうど今帰ったところです。)
Can I leave a message to him?(伝言をお願いできますか?)

電話を切るときに使えるフレーズ

“Have a good ~ “は、ビジネスシーンやカジュアルな場面でもよく耳にする挨拶です。”good”を他の形容詞に変えたり、それに続く単語を変えることで様々な別れ際の挨拶にすることができます。

Have a good day.(ごきげんよう。)
Have a good weekend.(良い週末を。)
Have a wonderful vacation.(休暇を楽しんでね。)

“I’m looking forward to seeing you.”は、電話以外でも別れ際に使えるフレーズです。”seeing you”は電話での会話ではなく、実際に会うことを指すので、少なくとも将来的に会う可能性のある相手に使いましょう。

I’m looking forward to seeing you. (またお会いできることを楽しみにしています。)

ビジネスでもカジュアルでも使えるスモールトークに

“How was 〜?”は、どうだった?と尋ねる時に使うフレーズ。本題に入る前の世間話でも使えます。

How was your weekend?(週末はどうだった?)
How was your vacation in Hawaii?(ハワイでの休暇はどうだった?)

相手の名前を聞くときのフレーズ

“May I have your name, please?”は、相手の名前を聞くときのフレーズで、コールセンターなどに電話すると、よく尋ねられるフレーズです。

I would like to stop my credit card immediately.(クレジットカードを至急止めたいのですが。)
May I have your name, please?(お名前を頂戴できますか?)

電話の相手が不明の時

“Who am I talking with?” 直訳すると「私は誰と喋っていますか?」つまり「あなたは誰ですか?」という意味になります。

I have your credit card now.(あなたのクレジットカードを持っています。)
Who am I talking with?(あなたは一体誰?)

電話の声が聞き取りづらいときに

電話での通話の場合、ノイズが入ったり、特に初心者の場合聞き取りが難しい場合があります。
“Could you speak more slowly, please?”は、相手の言葉が早すぎて聞き取りにくい時に、
“Could you speak a little louder, please?”は、相手の声が小さすぎて聞き取りにくい時に使うフレーズです。

Could you speak more slowly, please? (もう少しゆっくりとお話頂けますか?)
Could you speak a little louder, please?(もう少し大きな声で話して頂けますか?)

まとめ

よく使うフレーズをメモして電話のそばに置いておくと、突然電話が鳴っても慌てずに応答できます。
英語での電話対応は、相手の表情が見えないこともあり慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、挨拶など定番のフレーズは、なんども練習していくことで、自然とスラスラと言えるようになってくるものです。
いろんな場面を想定し、いくつか丸暗記しておくのも良いかもしれません。

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

Facebook

Instagram