icon_fb icon_tw
BLOG

一生に一度は訪れるべき!?久米島沖の「はての浜」【海外移住ブログ:エンドレスハネムーン】

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

久米島2日目は前日に予約した、はての浜へのツアーに参加。
はての浜とは、久米島沖に浮かぶ3つの無人島「メーヌ浜」「ナカノ浜」「はての浜」の総称で、それらの島には砂浜以外何もない。
「釣りバカ日誌11」や、CM、PVなんかのロケ地に選ばれるとても美しい場所。
僕らのツアーは3つある無人島うち「ナカノ浜」にイーフビーチ近くのピアから小さい船に乗って向かった。

ちなみに、沖縄への格安航空券購入はいつも【スカイパックツアーズ】を利用しています。

はての浜へ向かう船

到着したあとは2時間ほど自由時間があって、島をぐるっと歩いて45分ほどで一周できる島を散策するも良し、(散策といっても砂以外何も無く、日陰もほぼ無いので、万全な日焼け対策とこまめに水分補給を!)エメラルドグリーンに輝く海で泳ぐも良し。
透明度の高い海に潜ると、小魚達の泳ぐ姿がハッキリ見ることができる。
インストラクターの方が、カクレクマノミ(ディズニー映画ファインディングニモのニモ)がたくさんいるポイントを教えてくれて、見事ファインディングすることができた。
美しすぎる「はての浜」。一生に一度は実際に行って、ナマで見るべき場所の一つ!!

久米島沖の「はての浜」久米島沖の「はての浜」

はての浜から久米島に戻った後、たまたま奥武島で「ワンラブ久米島フェス」なるものがやっていると知って、フェス好きなのでもちろん行ってみることに。
奥武島は橋でつながっている久米島の一部で、宿である「ラッキーゲート」のそばから無料のシャトルバスが出ていた。
「ワンラブ久米島フェス」は名前から想像できる通り、ほっこりレゲエのフェスティバルで、沖縄の雰囲気にぴったり。
ひさびさにベースミュージックでガッツリ踊って、出店のオーガニックフードも堪能。

久米島の野良猫ワンラブ久米島フェスの一場面
ワンラブ久米島フェスの食事ワンラブ久米島フェスのステージ

フェス中に知り合った人と話をしていると、何やら台風のデカさと進路がマジでヤバいらしい。。。
翌日から渡名喜島に行こうと思っていたが、同じプランの人が皆キャンセルを検討していると知って、自分もおとなしく那覇に帰ることにした。

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

Facebook

Instagram