icon_fb icon_tw
BLOG

タイコクラブ@こだまの森行ってきた!子連れOK?服装など注意事項も

Sponsored Link

(2019/6/11追記・更新 アーティストなどの情報は2013年のものです)

雨が降らないか心配だったけど、やっぱりタイコは降らないですね。(いや、知らないっすけど)
会場に到着したのが、お昼過ぎてたってこともあったけど、キャンプサイトはすでにテントだらけ!
年々参加者が増えているような気がする。嬉しいような…複雑な気持ち。
たぶんフェスに行く人の絶対数が増えているんでしょね。
結果、我々のキャンプ地はすみっこ〜のテニスコ〜トのさらによこっちょ〜の方となったのでありました。

日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!

テントで一休みした後、野外音楽堂に向かって、まずは「ポラリス」の気持ちいい音を経てからの〜
そのままお目当ての「クラムボン」へ。

タイコクラブこだまの森野外音楽堂

まさか泣くとは思いませんでしたね。

「クラムボン」のライブを久々に観たってのもあるかも知れないけど、「2年前に嫁さんと出会ったのもタイコだったな」とか「いろいろあったな」とか「これからもいろいろありそうだな」とか想いを巡らせていたら、気づかないうちに ”上を向いて踊ろうよ涙がこぼれないように” のかたちとなり、後はもう時間の問題で、そのままツルルルルルルとこぼれ出ましたとさ。いや〜それにしてもマジで良かった。

タイコクラブこだまの森焚き火タイコクラブこだまの森ステージ

服装について 夜は気温が下がります

TAICOCLUBは、毎年春から夏へ季節が変わる時期に開催されます。
会場となる場所は長野の山あいなので、夜は急激に温度が下がったりします。
ファミリーの参加も増えてきているようで、比較的快適に楽しめるフェスではあると思いますが、
キャンプや防寒の準備は出来るだけ万全にされることをお勧めします。
寒かったので、たき火にあたりながら「電気グルーブ」でガーリガリ!ギャグも安定した感じで炸裂しておりました。
今回「在日ファンク」のライブを初めて観たけど、音楽観はさておきパフォーマンスがヤバかった!感動!(そしてちょっと笑い!)

Sponsored Link

タイコクラブこだまの森ギャラリー
朝日が登って、みんなの顔が見えてくる時間が結構好き。
ダンスももちろん楽しいけど、いろんな人に声かけて、声かけられて、おしゃべりして、今回もたくさんの人に出会いました。

パーティーの終盤に出会った、こちらも3年連続でタイコ来てるってゆう親子連れの方(しかも住んでる所が隣町!)曰く、
「タイコの会場は公園とか併設されてるし、子供と一緒に来やすいフェスだね」って。
そうなんです!こだまの森は普通にフェスとかやってないときに来ても面白い遊べる公園です。

最近は小さい子をフェスとかにつれてくる人が増えてきていて、よく見るとヘッドフォンをつけさせていますね。
やっぱ爆音は耳によくないのかな? 実際、大人でも爆音すぎるのはヤバそうだもんな。
でもヘッドフォンをずーっとつけてるのもどうなのだろう…。
子供と一緒にフェスを楽しむにはいろいろと工夫がいるようです。

なにはともあれ仲良しのメンツもいい感じに集合したし、あたらしい出会いもたくさんあって、今年もいいパーティーでしたわ!
来年も、なんかテキトーでいい感じに雨の降らないTAICOCLUBでみんなに会えたらいいですね!

Sponsored Link

Facebook

Instagram