icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

シンガポールのインスタ映えスポット定番から穴場までオススメ10選

シンガポールの街中やその周辺で見つけたフォトジェニックなインスタ映えスポットをガイドブックに乗っている定番なものから穴場的なものまで10個まとめてみました。

シンガポールで見つけたインスタ映えスポットまとめ

シンガポールといえばベイエリアの夜景

まずは定番のベイエリア。夜景がとても素敵ですが、Helix Bridgeのユース オリンピック公園側のたもとから写真を写すと、海に映る摩天楼とマリーナベイサンズ、アートサイエンスミュージアムを全部収めることが出来ます。

GoogleMapで見る

夜の植物園ガーデンズ バイ・ザ・ベイ(ガーデンラプソディ)

昼も人気のガーデンズ バイ・ザ・ベイですが、夜には19時45分~20時と20時45分~21時との2回に渡って無料でみられる光と音のショーが行われます。
芝生に寝転がりながら観る、音楽に合わせて発光するスーパーツリーは迫力満点で圧巻です。

GoogleMapで見る

マリーナベイサンズのナイトショー(スペクトラ)

スペクトラはマリーナベイサンズで毎晩行われている光と水のシンフォニーです。
日曜日~木曜日は午後8時~9時、金曜日、土曜日は午後8時、午後9時、午後10時の3回行われています。
マリーナベイサンズ側からだと近くでショーを観ることが出来ますが、対岸の複合飲食施設ワン・フラートン側からだとマリーナベイサンズを正面に観ながらショーを楽しむことが出来ます。植物園でのガーデンラプソディ終了後、時間をずらして開始されるので、1日で両方のショーを観ることも可能です。

GoogleMapで見る

リトルインディアのギラギラ(ディーパバリ/ディワリの期間)

リトルインディアでディーパバリ、またはディワリと呼ばれるインド最大のお祭りが毎年10月末ごろに行われます。祭りの期間に合わせて、リトルインディアの目抜き通りのセラングーンストリートがライトアップされます。
ストリートの端から端まで日本ではなかなかお目にかかることのできないギラギラ派手派手の電飾によって飾られるので、遠くからでも見つけることが出来、とにかくインパクトがすごいです。
期間限定ですが、期間中にシンガポールに来られた方は是非訪れてみてください。

GoogleMapで見る

チームラボによるアートサイエンス・ミュージアムでの常設展 「FUTURE WORLD」

日本でも知名度が増して来ているデジタルクリエイター集団の「Team Lab(チームラボ)」による常設展「FUTURE WORLD」は、マリーナベイサンズにある蓮の花の形をした建物が特徴的なアートサイエンス・ミュージアムにて鑑賞ができます。
体験型のインスタレーション作品が多く、中でも「クリスタル ユニバース / Crystal Universe」は、まるで鑑賞者が光に包まれているかのような体験と、その様子を写真に収めることが可能です。その他「お絵かき水族館」や「すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field」など、お子さんづれでも楽しめる作品がたくさん常設されています。

GoogleMapで見る

アラブストリートのお土産屋さん

アラブストリートはブギス駅からほど近い場所に位置し、アラブ系のお店が立ち並ぶエリア。
周辺にはレストランや服屋、お土産屋が軒を連ね、カラフルで美しいトルコランプなどは、見ているだけでまるで中東を旅しているかのような気分にさせてくれます。(お店によっては店内の写真撮影が禁止の場合もあるので注意が必要です)

GoogleMapで見る

ハジレーンの路地裏

ハジレーンはアラブストリートにほど近いエリアで、おしゃれなカフェや雑貨屋さんが並ぶ、観光客にも人気のエリアです。
メインのハジレーンストリート以外にも、路地裏にアーティスティックな壁画が描かれている通りがあったりするので、ガイドブックに載っていない壁画を探してみるのも面白いと思います。

GoogleMapで見る

クラーク・キーの情報通信省

マーライオン公園からほど近いクラーク・キーエリアの川沿いにシンガポール情報通信省の建物があります。
白い壁に七色の窓枠が並ぶ大きな建物は、遠くからでも見つけることが出来ます。

GoogleMapで見る

ちなみにクラーク・キー近くにあるレストランで食べた肉骨茶(バクテー)が感動するおいしさだったので合わせて紹介しておきます。

シンガポールのローカルフード&スイーツおすすめグルメレポート!!

シンガポールのローカルフード&スイーツおすすめグルメレポート!!

チャイナタウンの路地裏

チャイナタウンは、レストランをはじめ中国やエスニック系の雑貨や服、お土産が手に入るエリアです。
裏路地を覗くと可愛い壁画などが描かれている通りがいくつもあるので、買い物や、散策しながら見つけてみると良いと思います。2019年にシンガポールが舞台となった映画「名探偵コナン 紺青の拳」の公開もあってか、写真の壁画には登場人物のキャラクターが描かれています。許可的なものは大丈夫なのか?と心配になってしまいすが、この他にもエリア周辺ではたくさんの壁画を見つけることが出来ます。

GoogleMapで見る

ちょっと足を伸ばしてカトンの街並み

カトンはシンガポールの街中からバスで少し東に移動した場所に位置し、この地域独特のカラフルな建物を観ることが出来ます。エリアの周辺にはおしゃれなカフェやケーキ屋さん、ギャラリーなどが点在しているので、街中の喧騒が苦手な方は、少し足を伸ばしてカトンで過ごしてみるのも良いかと思います。

GoogleMapで見る

まとめ

シンガポールの街中にはおしゃれなアートや壁画が沢山あるので、街を歩いているだけでも楽しいですね。
ガイドブックに乗っていないフォトジェニックな穴場を見つけてみるのもいいと思います。
以上「シンガポールのインスタ映えスポット定番から穴場までオススメ10選」でした!

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link