icon_fb icon_tw icon_youtube
single-blog
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

沖縄・北谷のアメリカンビレッジにはインスタ映えアイテムが沢山!

 

Sponsored Link

沖縄の北谷にあるアメリカンビレッジに行って来ました。
アメリカ村とも呼ばれるこのアメリカンビレッジには、インスタ映えなアイテムやショップ、デートスポットなど盛りだくさんだったので、まとめて紹介したいと思います。アメリカンビレッジの雰囲気が2分で伝わる動画も作ってみたので、暇でしょうがない人は見てあげてください。

沖縄アメリカンビレッジのインスタ映えアイテム&スポット

アメリカンビレッジ(アメリカ村)のシンボル観覧車「SKYMAX60」

アメリカンビレッジのランドマークとしてそびえ立つのが「SKYMAX60」と呼ばれるこの観覧車です。
乗れば沖縄の西に広がる海と、北谷の街並みが見渡せ、家族連れやが楽しんだり、カップルに人気のデートスポットとしても有名です。
高さ60mの観覧車は、遠くからでも見つけることができるので、アメリカンビレッジを訪れる際は、この観覧車を目印に目指すと良いと思います。

営業時間

11時~22時
定休日:年中無休

料金

大人600円
小人(4歳~高校生まで)300円
※3歳までは無料

住所

北谷町美浜15-69
カーニバルパーク美浜

GoooleMapで見る

アメリカナイズなショップ

アメリカンビレッジの敷地内には、アメリカ文化を彷彿とさせるオシャレな雑貨や古着などのアイテムを扱うショップがたくさんあります。
見ているだけで、アメリカのどこかの街に迷い込んだような独特な雰囲気を感じることができます。

カフェやレストラン

ショップの他にも、アメリカンビレッジには、レストランやカフェなどの飲食店が軒を連ねています。
アメリカングルメももちろんありますが、地元の銘店もたくさんあるので沖縄料理を思う存分楽しむにも最適なエリアです。

隣接するビーチ

アメリカンビレッジの西側には海岸線が広がり、サンセットビーチや北谷公園などのゆったりと時間を過ごすのにぴったりのスポットがあります。
ビーチから見える水平線に沈むサンセットは、まるでアメリカ西海岸のカリフォルニアを旅しているかのような風景です。

夜のイルミネーション

アメリカンビレッジは日没後に、シンボルの観覧車などに電飾が光りはじめ、特にクリスマスシーズンともなると街全体にイルミネーションが灯り、ますます異国の雰囲気がある街になります。

アメリカンビレッジへのアクセス

アメリカンビレッジへのアクセスは、、、

レンタカーなど車の場合

  • 那覇空港から国道332号線を名護/嘉手納方面へ北上し国道58号線へ出る。
  • 国道58号線を北上し美浜交差点を左折する。
    ※美浜交差点にあるスターバックス北谷国道58号店が目印。

那覇空港からの総所要時間約1時間

那覇空港からバスでのアクセス

  • 那覇空港バスのりば③より120番バスに乗車し、桑江バス停にて下車。
  • バス停より徒歩約7分。

那覇空港からの総所要時間約70分

アメリカンビレッジの駐車場

アメリカンビレッジに車で訪れる際は、無料の駐車場が利用できます。

デポアイランドD・シーサイドスクエア周辺

デポアイランドDとシーサイドスクエアは、アメリカンビレッジの中央に位置する地域です。250台駐車可能なパーキングエリアがあります。
車を降りてすぐアメリカンビレッジを楽しみたい方におすすめです。

GoogleMapで見る

北谷町営駐車場

北谷イオンの隣、観覧車「SKYMAX60」から道を挟んだ南側に北谷町営駐車場がああります。アメリカンビレッジの中心地からは少し離れますが、1500台駐車可能なので、まず埋まることはありません。
国道58号線側に位置しているので、車を止めてアメリカンビレッジを端から散策したい人におすすめです。

GoogleMapで見る

アメリカンビレッジの営業時間

アメリカンビレッジの営業時間は、10時00分~22時00分とされていますが、敷地内のショップやレストランなどは個別に営業時間が設けられているので、特定の施設を訪れたい場合は、事前に調べていくと良いと思います。

動画で見る沖縄北谷のアメリカンビレッジ

沖縄北谷のアメリカンビレッジの雰囲気がわかる動画を作成しました。
アメリカンビレッジを訪れる人の参考になれば幸いです。

まとめ

というわけでアメリカンビレッジには、インスタ映えなアイテムやショップ、デートスポットなど盛りだくさんです。ぜひ沖縄に来た際は訪れてみてください。

Sponsored Link