Now Loading...

Now Loading...

ポルトガル・リスボンからBOOM FESTIVALの会場へ!海外移住ブログ

Sponsored Link

朝、案の定洗濯物は乾いておらず。
ところが買い物に出た奥さんが宿のそばでランドリーを発見したらしく、
乾燥だけサッとかけて、いざBOOM FESTIVALへ。

ポルトガルの首都リスボンからカステロブランコという街までCP(ポルトガルの国鉄)で3時間弱。(15ユーロ)
電車はリスボンから一日三本から出ている。
昼に出る電車に乗るために駅へむかう途中、

「あんたら草買わないか?」

と、声をかけられるが断る。こちとら新婚旅行である。

p1060917

カステロブランコからは直通バスがBOOMの会場のゲートまで一日一本出ていたが(10ユーロ)
電車の到着が間に合わずバスを乗り継いで行くことに。
バスでカステロブランコからイーダハ・ア・ノーバいうところまでいき、そこからバスを乗り換えて会場へ、という行き方。

夕方までしかバスがないのでうまく乗り換えできるかなーと到着したカステロブランコの駅で考えていると、
同じ電車に乗り合わせたBOOMに行く人たちがそれともなく集まり、

「バス停はどこだ?」 とか、「バスだと30分待ち」とかあーだこーだ話しだし、
結局近くにいたタクシーの運転手に聞いてみると、一人16ユーロで会場まで行けるとのことだったので
四人ずつに分かれてタクシーで向かう。

Sponsored Link

相乗りしたメンバーはスウェーデンに住んでいるチリ人男性、
ドイツに住んでいるエジプト人女性と、カナダに移住しようとしている日本人二人。
全員母国には住んでいない。広い世界ではよくある事かもしれない。
会場までは一時間ほどで到着。

タクシーで一緒だったチリ人男性は、今回のBOOMで3回目とのことで、
色々情報を聞きながら、会場内に入ってももしばらく一緒に行動。

途中参加だったため、テントを立てる場所がなかなかみつからず、
歩き回ってようやく夕方頃テントをたてる。
湖沿いで日没を見たあと会場に向かう。

日中は気温が暑すぎるため、夜になるとステージ回りは人であふれかえる。
とにかく人、人、人のなかなんと、日本から別便で来ていた友人達とも無事合流。

ここから4泊5日のキャンプ生活が始まる。

←次の日へ続く

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow