Now Loading...

Now Loading...

あなたの海外ライフ感をUPさせること間違いなしのスタイル10選!!

Sponsored Link

このブログを読んでいる方には、海外旅行や、留学、ワーキングホリデーや海外移住に興味がある、といった海外ライフが好きな人が多いようですね。

海外から帰国しても、海外ライフが恋しくて、またすぐに海外に行きたくなっちゃう!なんて人も少なくないかと思います。
今日は、そんな海外ライフが大好きなあなたにピッタリの、海外ライフ感アップ間違いなしなスタイル10選を、もちろん独断と偏見に基づいてご紹介したいと思います。
これらのスタイルを実践することで、日本にいながらにしても海外ライフ感をアップさせることができるでしょう。
また、知らず知らず実践していて意図せず海外ライフ感をアピールしてしまっていることもあるので、ぜひ一度チェックしてみてください。
ちなみにここでいう海外とは、いわゆる皆さんが憧れる、あの辺りのことを指しています。
それではいってみましょう。
 

サングラスをかける

海外ライフをマスターするためには欠かせないアイテム、サングラス。
海外でサングラスをかける人が多いのは、オシャレというより紫外線対策という部分があるようです。もともとそういうものですからね。
「そのサングラスオシャレだね」ときたら「ありがとう」ではなく「UV対策だよ」と返すことで、より海外ライフ感アップということになります。
 

英字新聞を持ち歩く

最新の情報はスマホから入手する、という時代ではありますが、海外ライフ感をアップさせるのであれば、英字新聞が今だに健在。
最近は日本国内でもキオスクや、お店によりけりですがコンビニでも売っているようです。ネットでも気軽に入手できますね。
海外では、日本のフリーペーパー感覚で、無料の新聞が発行されているところもあり、街の至る所にある新聞ボックスから、好きな新聞を選んで持っていくことができます。
読めなくたって大丈夫。持ち歩くだけで海外ライフ感はアップします。

MINOLTA DIGITAL CAMERA


photo by Mariah OConnell
 

紙カップもしくはタンブラーを持ち歩く

日本と違い自販機やコンビニが少ない海外では、ちょっと一息つきたい時やノドが渇いた時、行き着く先がカフェになることはよくあります。
特に、トイレに行きたいなという場合、公衆トイレの少ない海外では、カフェに駆け込むケースが少なくありません。
片手に紙カップを持っていれば、カフェに寄り道したことを表現でき、海外ライフ感アップにつながります。カフェによくいく人の証である自分専用のタンブラーを持ち歩くことができれば、より効果的に海外ライフ感をアップさせることがきるでしょう。
 

カフェでノートパソコンを開く


最近は日本でもwifiが使えるカフェが増えてきていますね。
ノートパソコンを開き長時間ネットを利用するお客さんが増え「ここは漫画喫茶じゃない!」的なトラブルがあったりなかったりしているようですが、海外にはもともと漫喫が無いのでカフェでノートパソコンを開いている人がたくさんいます。
海外ライフ感のアップを狙う場合は、特にwifiが使えるカフェでなくても問題ありません。
日差しの強いオープンテラスでサングラスをかけ、紙カップもしくはタンブラーを持ちながら、おもむろに画面を開くのがポイントです。
 

犬を連れて歩く

海外でも猫ちゃんワンちゃんは人気のペットとして共に親しまれています。
特に犬に関しては、ドッグパークなどの施設が充実している公園や、飲食店でもペットの連れ込みに対して寛容なお店がたくさんあり、犬を連れて歩く人を多く見かけます。
カフェのオープンテラスでノートパソコンを開く時、足元に座らせておくことができれば、相互作用で海外ライフ感をアップさせることができるでしょう。

Sponsored Link


 

タトゥーを入れる

日本ではタトゥーをしていると、温泉や銭湯の入場を制限されるなど、その地位は肩身の狭いものですが、海外では警察官からバスの運転手さん、看護師さんから幼稚園の先生まで、男女問わずたくさんの人がタトゥーを入れています。念のため言っておきますが一度入れると簡単には消えないので、海外ライフ感は上がりっぱなしです。
筆者は痛そうなので絶対に入れません。
 

スケボーを持ち歩く

男子のスポーツかと思いきや、海外では女性でもスケボーで移動する姿をよく見かけます。女子にはPennyという少し小さめのスケボーが人気。
スケボーでの移動は段差の多い日本だとなかなか難しい場合がありますが、持ち歩くだけでも海外ライフ感はアップできます。
段差の少ないところでは、乗ることもできるので一石二鳥。お得なアイテムと言えるでしょう。
 

果物をかじる

海外では間食としてかじるため果物や野菜スティックを持ち歩く人を多く見かけます。
果物の中でもみかんや柿に比べ、リンゴなどをかじる姿は、海外ライフ感をよりアップさせます。包丁などはあえて使わず、皮ごとそのままかじるのが良いでしょう。
 

クレジットカード決済

海外では、現金を持ち歩く人が少なく、レストランやスーパーのレジでもクレジットカードでの会計が一般的です。
また日本ではクレジットカードでの会計の際「一括でよろしいですか?」と聞かれることがありますが海外では稀なので、「一括でよろしいですか?」と聞かれた場合は、あえて戸惑うと海外ライフ感UPです。
 

Instagramへの投稿

Instagramさん(@instagram)がシェアした投稿

今やユーザー数が全世界で7億人以上のIinstagram。写真をメインのコンテンツとして扱う人気SNS。
海外ライフを世界中に発信するために必須のアイテムです。
前述したサングラスやタンブラー、クレジットカードなどを被写体にした写真をInstagramに投稿すれば、あなたの海外ライフ感はよりいっそう高まることでしょう。

逆にこれらのアイテムが写った写真を無意識のうちにInstagramに投稿していると、海外ライフ感UPをアピールしていると誤解されてしまう恐れがあるので、意図していない場合は注意した方が良いでしょう。

というわけで、以上独断と偏見による海外ライフ感をアップさせるスタイル10選でした。

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow