Now Loading...

Now Loading...

オンライン英会話を試してみた。カナダ・バンクーバーに移住して2年半の目線で色々書いてみる。

Sponsored Link

一昔前まで英会話といえば英会話教室に週1~2回通ってというスタイルが主流だったのが、最近は人気お笑い芸人の方とかがCMに出てたりで、オンライン英会話もだいぶ浸透してきたんでしょうかね。

カナダに移住する前は、英語力を上げるため、いわゆる駅前の英会話教室に行っていて、オンライン英会話を利用したことがあるのは1回だけだったと思います。
移住後は、英語圏での暮らしなので毎日が英語の練習な訳ですが、気づけば語学学校に半年いったきり、いわゆる英語の「勉強」をしてないですね。
家では基本日本語なので、英語の勉強!と思って洋画や見たり英文記事読んだりはしますけどスピーキング力にはなりませんからね。

そんな中、とある知人から
「オンライン英会話を体験して、意見をくれない?」
と頼まれました。
そもそも英語圏のカナダに住んでいるのでオンラインの英会話を受けるのは、なんだか変な話ですが、今日現在移住して大体2年半、ここいらでの自分のレベルはどんなもんかなーと体験してみることにしました。

今回体験したのは「Mainichi Eikaiwa」。
オンライン英会話のメリットは、教室に通う時間や交通費などをかけず、自宅で都合の良い時に授業が受けられることですね。
たくさんのオンライン英会話が上記のことをメリットとしてうたっているかなと思うんですが、このMainichi Eikaiwaはそれにプラスして「講師全員がアメリカ、イギリス、カナダなど出身のネイティブ講師」だということですね。
(この「ネイティブ」っていう言い方については、思うところがあったりしますがそれについてはまたいずれ。)

大手の格安オンライン英会話はだいたいどこもフィリピン人講師が主流ですよね。
ネイティブ講師在籍という会社も、ほぼフィリピン人の講師で少数のネイティブ講師が在籍しているという感じ。
誤解を招きかねないのであえて言いたいのは、もちろんフィリピンの人がダメというわけではなく、カナダに住むようになってから特に、英語の訛りはそれほど重要じゃなくて、いかにコミュニケーションがとれるかというのが重要だなーということを思うわけですが、今回体験するMainichi Eikaiwaはネイティブ推しだとのことなので、その中で話題も生まれやすいのかなと思ったカナダ人講師の方を選ぶことにしました。

ところが、このMainichi Eikaiwaは結構アナログで、予約システムがない。
予約フォームから希望の日時を伝えて折り返しを待つというシステムなので、他社と比べるとだいぶ面倒ですね。
折り返しは、「希望時間帯ではカナダ人講師が対応できないため、アメリカ人講師になりますがよろしいですか」とのことでした。
やはり予約システムの必要を感じますね。
ただ、このMainichi Eikaiwaは「担任制」というのを採用しているらしく、
他社のようにレッスンのたびに先生が変わるということはないようです。
確かに以前他社でオンライン英会話をしていた妻が、
毎回違う先生なので自己紹介だけで数分かかってしまうということを言っていたので、
担任制はそういった手間もはぶけ、どのようなところが自分の弱みかとか把握してくれるので効果的に英語が学べるのはメリットといえるでしょう。

とりあえず予約をして授業の日となりました。
授業はSkypeで行われるので、開始前に講師の方からSkype IDが送られてきます。
この日急用ができてしまい、開始を30分ずらせるか尋ねたところフレキシブルに対応していただけました。

1回の授業は50分。

まずは簡単な自己紹介をお互いします。
初回なので、こちらの身の上をわりとダラダラ話しましたが、こちらの会話力レベルを講師に把握してもらう時間でもあり、次回以降は省かれる時間なのかなと思います。
その後、判定してもらったレベルに基づいた難易度のネット上の記事を読みながら、それをトピックにしてあーだこーだ話します。
わからない単語があれば質問し、噛み砕いて説明してもらい理解を深めます。

記事を読み終わった後は、記事中に出てきた単語の類義語を当てるクイズをしてボキャブラリーを増やします。
最後に質問や気になることについて話して終了となります。

ぶっちゃけWEBデザインとかの仕事をしている身からすると、Mainichi Eikaiwaのサイトは他社と比べると見にくいし、どんな英会話教室なの?と少し不安でしたが、とりあえず授業内容的にはよかったなと思います。
自分の弱いところをすぐ把握されてる感じと、そこを鍛えられてる感じが、しばらく「英語の勉強脳」鈍ってた者としては久しぶりにしんどかったですね。

料金面でいうと、Mainichi Eikaiwaは他社のオンライン英会話と比べ、割り高。
月謝制の場合は週1回50分、月に4回だと12,000円。(1回あたり3000円)
週2回50分、月に8回だと18,080円。(1回あたり2260円)
マイオーンペースというレッスンの曜日や時間を固定しないポイント制の方のシステムにすると、60ポイント(60回)108,000円(1回あたり1800円)
ということなので、月謝制ではなくポイント制の方が断然お得な気はします。

それでも1回(50分)あたり1800円というのはいわゆる格安オンライン英会話教室よりは高いですね。
フィリピン人講師の英会話教室は、人件費が安いこともあり、1ヶ月6000円で毎日25分授業が受けられるというようなところが多いと思います。
例えば6000円で毎日25分受けられたとすると1回(25分)あたりは200円となり、50分に換算したとしても400円。
このMainichi Eikaiwaはその4倍ということになりますが、全員がカナダ、アメリカ、イギリスに住んでいるような講師なのであれば、例えば僕の住んでいるバンクーバーは最低賃金が$10.85なのでそれを考えるとさすがに講師住んでる地域での賃金って意味では、そうなるのでしょう。

ただ、正直自分だったらオンライン英会話はネイティブとかにこだわらないので、安い方使ってしまうかなーと思います。
でも日本に住んでいると、英会話をする機会自体が少ないと思うので、訛りのないリスニング力を鍛えたいんだという人とか、発音にこだわる方はこーゆーサービスを利用するのはアリなのではないでしょうかー!
では!

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow