Now Loading...

Now Loading...

沖縄出身妻が夫にこっそり紹介した地元民ならではのデートスポット!(本島編)

Sponsored Link

なにやら釣りっぽいタイトルではありますが、実際に僕の妻は沖縄で育ったので、食卓には時どき島料理が並んだりします。
そんな妻と、結婚前の挨拶(「娘さんを僕にください!」ってやつですね。)のために沖縄に里帰りした際、せっかくなので一緒に本島を観光し、いろいろと案内してもらいました。
2泊3日の旅行でしたが、充分に楽しめたので訪れたスポットをシェアしたいと思います。
沖縄旅行を検討されている方の参考になればと思います

ちなみに、沖縄への格安航空券購入はいつも【スカイパックツアーズ】を利用しています。

沖縄地元民ならではのデートスポット

夜の首里城

昼とは違うたたずまい。カップルで行けばいいことあるかも?

戦争により灰燼に帰した首里城ですが、現在は復元されて、跡地が世界遺産に登録されるなど、琉球王朝の歴史を知る上でもかかせない有名なスポットです。
那覇に留まらず沖縄を代表する人気観光スポットだけあって、日中は沢山の観光客が訪れています。
が!実は、夜の首里城もライトアップされていてなかなかステキなんです。
閉園後は城内には入城できないので、城郭外から眺めるだけですが、龍潭通から龍潭池越しに見える立派な城郭は幻想的でとてもキレイです。
城壁の周りの首里城公園は、那覇市内の夜景が見えるデートスポットとしても密かに人気なんですって!グフフ!

 

古宇利島へ続く県道247号線 古宇利大橋をドライブ

古宇利大橋 2013 #2
photo by kobaken++

「これぞ沖縄!的なオーシャンビュー」

本当から離島へ繋がる橋はいくつかありますが、なかでもこの古宇利大橋は無料で渡れる橋としては沖縄県で1番、日本でも2番目の長さを誇る橋でもあり、ドライブしながら渡れば、ザ・沖縄!(頭文字母音だから、ズィ・沖縄!になるんか?どーでもいーね!あは!)っていう景色を堪能できます。
橋を渡った先の古宇利島は美味しいしらす丼が有名です。橋の両端に駐車場があるので、車を停めて歩いて渡っても楽しめますよ〜。
(古宇利島は正確には屋我地島と繋がっています)

長浜ビーチ


「地元民の姿すらない静かなビーチ」

地図で見ると簡単にたどり着けそうですが、実際はビーチへの入り口がかなり分かりにくくて、何度も道に迷いました。(どこか他に分かりやすい入り口があったのかな?)
ようやくたどり着いたビーチは、観光客はおろか地元民の姿も少ない、もはやプライベートビーチかってくらいひと気が少なく綺麗なビーチ。
(そもそも地元の方はいつでも行けるせいか、あまりビーチで泳がないみたいです:あくまで家内談)
みなさんにも是非あるていど迷ったあげくにようやくたどり着いてほしいので、あえて詳しい道順は書きません笑

Sponsored Link

ビーチロックビレッジ

「おいしい!楽しい!気持ちいい!」を堪能できるネイチャービレッジ

自然エネルギー100%で運営されるネイチャーコテージや、遊牧民スタイルのティピやゲルなど、さまざまなタイプのテントに泊まれる宿泊施設。
時々虫が出たりするけど、大自然のおもてなしと思えばご愛嬌。夜、小屋の屋根に登って星空を見上げれば、流れ星のオンパレード!
とにかく運営されている方たちの自然環境への取り組みが本気すぎて衝撃を受けました。
日帰りで併設されているカフェのみの利用も可能なので、フラッと立ち寄るのもアリかと。
【営業時間】 Cafe Time 11:00~17:00
ビーチロックビレッジHP
https://shimapro.com/

 

美ら海水族館

「ベタだけど侮るなかれ、さすがのギネス記録」

美ら海水族館についての情報は、ガイドブックに載っていると思うので割愛しますね。
水族館は沖縄じゃなくても行けるし、目の前にキレイなビーチがあるのに何故わざわざ水族館?と、候補から外してしまう方もいるかもしれません。
というか、僕がそうでした。沖縄まで来て水族館かぁ、と。
でも、まぁせっかく近く通るし〜みたいな軽いノリで、いざ行ってみたらヤバかったwなかなかの美ら具合!
優雅に泳ぐジンベイザメは、正に圧巻!その姿を目の前で観察できる巨大水槽のアクリル面は大きさ世界一でギネスにも認定されていますよ〜。(と思ったらドバイの水族館に記録更新されてました。美らさ具合は負けてないはず!)
美ら海水族館HP
https://oki-churaumi.jp/

 

ブルーシールアイスクリーム


沖縄県を中心に全国で展開されているアイスクリームブランド。
紅芋やサトウキビなど数々の県産品原料を使用したアイスが食べられます。
ここ最近本土にも進出しているので、沖縄限定ブランドって訳ではないけど、常夏の沖縄で食べる冷たいアイスクリームは格別です。

 

キングタコス

キングタコス普天間店入り口
photo by Womino
沖縄発祥のタコライスのお店。沖縄各地にあるので、見つけたら是非立ち寄ってみてください。

その他、国際通りなどもブラブラして、たまたまエイサーの演舞をやっていたのを見れたのでラッキーでした。
市場でふぐ(ハリセンボン)の唐揚とか食べて、2泊3日でもポイントを押さえて効率よく回れば充分沖縄を満喫できますよ〜。

でわでわでわでわ〜

 

スポンサードリンク


Sponsored Link

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow