icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

ビーチだけ?!沖縄中部おすすめ観光&ランチスポットまとめ10選!

 

Sponsored Link

沖縄本島の中部には綺麗なビーチがたくさんあることで人気ですが、ビーチ以外にもおすすめしたい観光スポットや、ランチが美味しいお店があったのでまとめて紹介しておこうと思います。もちろんビーチの情報も載せています。

沖縄中部のおすすめ観光&ランチスポットまとめ10選!

海中道路(かいちゅうどうろ)

県道10号伊計平良川線の一部分である沖縄県うるま市にある海中道路(かいちゅうどうろ)は、沖縄本島と中部の離島との間の海にかかる、全長5.2 kmの堤防上の道路です。中部の浜比嘉島などの離島群に行く場合必ず通る道路です。
当初は産業道路としての目的で建設された海中道路ですが、近年はまるで美しい海の上を走っているかのような道路であることから、観光客を中心に人気を集めています。

GoogleMapで見る

味華(平安座島)

海中道路で沖縄本島を離れると、まず上陸するのが平安座島です。
その平安座島の海沿いにある定食屋が味華です。
中部の海を眺めながら、美味しい海鮮丼などを食べることができます。
カジュアルな定食屋なので、家族づれでも気軽に訪れることができると思います。

電話番号

098-977-7783

営業時間

11時30分~16時00分
定休日:月曜日

住所

沖縄県うるま市与那城平安座9396−6

GoogleMapで見る

古民家食堂「てぃーらぶい」(浜比嘉島)

沖縄本島中部と海中道路で繋がったうるま市の浜比嘉島にあるお店。
伝統的な作りをした古民家を改装したお店では、中身汁などの郷土料理が食べられます。また、定食にすると小鉢で美味しいフーチャンプルーなどが付いてきます。
揚げたジーマミー豆腐が珍しくて味も美味しいのでオススメです。

電話番号

098-863-6186

営業時間

11時00分~16時00分
定休日:火曜日

住所

沖縄県うるま市勝連浜56

GoogleMapで見る

【限定】沖縄の郷土料理や独特の食事が食べられるお店まとめ10選!

アマンジ洞窟・アマミチューシルミチューの墓(浜比嘉島)

浜比嘉島へと続く浜比嘉大橋を渡ってから突き当たりを左折して少し進むと、海に突き出た小さな島があります。そこには以前は干潮時だけ歩いて渡れたアマンジと呼ばれる場所があります。(現在は通路がコンクリートでできています)
島の中腹に祠があり、女神アマミチューと男性神シルミチューと呼ばれる神様が祀られているお墓だと言われています。周辺は綺麗な海に囲まれいて、近くには公衆トイレもあるので、ドライブの途中に休憩がてら寄ってみるのもいいかもしれません。

住所

沖縄県うるま市勝連比嘉

GoogleMapで見る

ぬちまーす観光製塩ファクトリー(宮城島)

ぬちまーすとは、命を表す沖縄の方言で「ぬち」と、塩を表す「まーす」から名付けられた、沖縄特産の塩です。
ぬちまーす観光製塩ファクトリーでは、「常温瞬間空中結晶製塩法」という世界初の特殊製法による塩工場の製造過程を巡るツアーを、無料のガイド付きで楽しむことができます。
沖縄本島と海中道路で結ばれた、宮城島のタカハナリ(高離)とも呼ばれる標高100m前後の高台の島で原材料となる海水を取水し、流れが 速く透明な宮城島沖の太平洋側の海水のみを原料とした「ぬちまーす」は、添加物はなどを一切使用しないミネラル豊富な塩として、沖縄のお土産としても人気です。

電話番号

098-983-1140

営業時間

9時00分~17時30分

住所

沖縄県うるま市与那城宮城2768

GoogleMapで見る

果報バンタ・カフウバンタ(宮城島)

果報バンタは、上記のぬちまーす観光製塩ファクトリーのそばにある、歩いて登れる高台にある見晴らしの良い場所です。
珊瑚礁の広がる美しい中部の海越しに、広い太平洋の大海原が見渡せる絶景ポイントです。

住所

沖縄県うるま市与那城宮城2768

GoogleMapで見る

ウクの浜(宮城島)

中部にあるビーチの中でも、比較的こじんまりとしたひと気の少ない静かなビーチです。
周りに飲食店などの施設はありません。
自販機などもなく木陰さえ少ないので、このビーチで長く過ごす場合は飲み物やパラソルなどを持参した方が良さそうですが、あたりを断崖に囲まれていてプライベート感があります。
海水浴場として整備されているわけではないので、海水浴をする際は自己責任で。
詳しい住所はあえて記載しませんが、上記の果報バンタから見下ろすことができるので、ぜひ穴場的ビーチへの秘密の道筋を、散策しながら探してみてください。

トンナハビーチ(宮城島)

トンナハビーチは、ウクの浜などに比べると賑やかなビーチですが、遊泳エリアなどは特になく監視員の目の届く範囲であれば自由に海水浴を楽しむことができるビーチです。
軽食が楽しめるパーラーや、マリンスポーツグッツなどの貸し出しも行なっています。
ビーチへの入場やテラスは有料ですが、テラス席でバーベキューを楽しむこともできるので、お友達同士ワイワイ楽しみたい方におすすめのスポットです。

入場料

大人(15歳以上) 1人¥500
小人(小学生以上) 1人¥300

電話番号

098-977-8277

営業時間

8時00分~18時00分

住所

沖縄県うるま市与那城上原8203

GoogleMapで見る

伊計ビーチ(伊計島)

地元の人にも親しまれている伊計島にあるビーチです。
ビーチへの入場は有料ですが、グラスボートなどのマリンレジャーも充実していて、監視体制がしっかりしています。
きれいに整備されたビーチは透明度も高く安心して海水浴を楽しむことができます。
家族連れなどにオススメのビーチです。

施設利用料(1名/日帰り)

中学生以上(大人) 400円
5歳~小学生(子供) 300円

電話番号

098-977-8464

営業時間

10時00分~17時00分

住所

沖縄県うるま市与那城伊計405

GoogleMapで見る

仲原遺跡(伊計島)

仲原遺跡は、伊計島のほぼ中央部に位置する平地に囲まれた地帯にある、縄文時代に営まれたムラの跡です。
あたり一帯キビ畑に囲まれた静かな土地に、突如竪穴住居址が土地改良事業による発掘調査で発見されました。
これ以降、それまで明らかにされていなかった沖縄県の縄文時代の様子が分かってきました。
住民の協力により保護されたこの遺跡は土地改良をまのがれ、また研究対象としての価値の高さから、1986年に国指定史跡になりました。
沖縄、引いては日本の太古の歴史を感じることのできる、伊計島の数少ない穴場的スポットです。

まとめ

主に海中道路を渡っていける離島にある中部の観光スポットとランチが美味しいオススメのお店などをまとめました。
綺麗なビーチが多い中部の離島ですが、観光客の少ない穴場的スポットもまだまだあります。
沖縄中部を旅行するかたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link