icon_fb icon_tw
BLOG
日本を脱出しカナダで暮らすソラのブログ

インマヌエルと乞食。海外移住ブログ

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

今日、インマヌエルという名の青年と出会った。

ピカソの「ゲルニカ」を観るために、ソフィア王妃美術館の入り口で行列に並んでいる時だった。

お互いBoomFestivalのブレスレットをしているのに気づいて、すぐに打ち解けあった。

行列に並んでいる間、お互いのことを話しながら美術館の中に入っていった。

インマヌエル。二十歳。

短くて茶色いドレッドを頭に蓄え、顔はイタリア人らしくセクシーで、笑顔がかわいいイケメンだ。

哲学を勉強していると言っていた彼の話は、英語では少し難しかったが、真理を追求したいという好奇心に溢れているように思えた。

美術館の中では、ばらばらに行動したが、出口手前で再び彼とすれ違った。

「やぁ、また会ったね。」

「素晴らしい美術館だった。」

「じゃぁ、また。」

みたいなやり取りをして、僕らは別れた。

その後、美術館のある広場からストリートに出ると、何件ものバルが、歩道にテラス席を設けていた。

ストリートで乞食が物乞いをしていたが、特に気にしなかった。

日暮れだったので、夕飯にしようとテラス席に座る。

その時、ストリートを歩くインマヌエルの姿をまた見つけた。

「インマヌエル」と声をかけようとしたが、僕はそれを寸前で止めた。

なぜなら、彼がその場でしゃがみ込み、そこにいた乞食と何かを話し始めたからだ。

インマヌエルはその乞食と会話を終えると、小銭を渡し、ストリートの向こう側へと歩いていった。

気がつくと、乞食もいなくなっていた。

その光景をただ呆然と見ていた僕は、なんだか急に恥ずかしい気持ちになり、

と同時に、清く正しく美しくありたいという、どうしようもない欲望に駆られるのを強く感じた。

たったそれだけのことだけど、今日の出来事、インマヌエルという名の青年と出会ったということを、僕は忘れたくないと思ったので、こうして書き留めておくことにした。

2014.8/14 スペイン・マドリード

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

Facebook

Instagram