icon_fb icon_tw
BLOG

トルコの歴史をスルタンアフメットのハマムで体感!【海外移住ブログ:エンドレスハネムーン】

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

イスタンブールの猫

朝カッパドギアからの夜行バスがオトガルに到着。
そのままトラムでイスタンブールのスルタンアフメット地区へ。
予約してたムハメットさん所のホテルに行く。
10時まで部屋は開かないとのことで、近くのホステルがやってるカフェで時間をつぶす。
10時になってチェックイン。
少し休憩してからアヤソフィア博物館へと向う。

イスタンブールのホテルイスタンブールのモスク

時の宗教に翻弄された歴史をもつこの建物は、複数の宗教的要素が含まれていて興味深い。
なによりデカさに感動。

アヤソフィア博物館のあとは、トプカプ宮殿に足を伸ばす。
トプカプ宮殿は、15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。
敷地の広さと豪華絢爛な展示物がオスマン帝国が繁栄した歴史を物語る。

トプカプ宮殿トプカプ宮殿

トルコに来たならハマムに行くべきと聞いていたので、体験してみることに。
ハマムは大衆浴場みたいなもので、注文すると男性には男性の、女性には女性の三助がつき垢擦りサービスみたいなのをしてくれる。
結構乱暴にお湯をけられたりするが、逆にその豪快さが気持ちいい。

Inside the hamam

ハマムは20ユーロで一時間ほど。
お金を払ったらまず脱衣所みたいな所に案内されるので、そこでタオル1枚になって浴場へ移動。
浴場に入ると大理石で出来た大きな台があるので寝転がって展開を待つ。
しばらくするとサウナ入るか?と聞きにくるので、サウナに移動。
サウナで汗をかいた後、浴場に戻る。
そこからひたすら体を泡だらけにされたかと思えばグローブみたいなのでこれでもかってぐらい洗われ、お湯を全身にバッシャバシャかけられて、終わった後はまた大理石でリラックス。
脱衣所に戻って着替えて終わり。
トルコに来たなら1度はするべき経験である。
アヤソフィア博物館のそばにもあるがハマムがあるが観光客向けで、本来の大衆浴場的ハマムの場所は、トラムのスルタンアフメット駅や一つとなりのチェンベルリタシュ広場のそばにある。

Sponsored Link


イスタンブールの猫イスタンブールの猫夜のイスタンブールのモスク

ハマムから出ると外はもう日暮れ。
ブルーモスク前の広場に戻ると、ちょうどその日は日曜日で沢山の屋台と人で溢れかえっていた。
夕飯はケバブばっかり食べていて飽きてきていたので、パスタでも食べてみようと、ブルーモスク裏の通りに面したレストランでトマトソースパスタを頼んだものの、どうした!?イスタンブールってくらい不味かったのが印象的。
トルコ料理は美味しいものが多いので、たまたまその店だけがかも知れないし、パスタは畑違いだったのかも知れない。

食事イスタンブールの猫

日付が変わっても沢山の人が外にいてお祭りモード。
我々夫婦は宿に戻って寝る事に。

オンライン英会話「レアジョブ」
オンライン英会話「レアジョブ」

Sponsored Link

Facebook

Instagram