Now Loading...

Now Loading...

カナダのコンセントはAタイプ!電圧や注意事項など解説します。

Sponsored Link

どうもカナダのバンクーバーに住んでます(執筆時)、ソラです。
留学やワーホリ、旅行、出張などの際カナダのコンセントのタイプや形状を調べておきたい方が多いようなので、今日はカナダのコンセントに関する情報をまとめておきます。

ちなみに、カナダに留学するときの持ち物リストはこちら。

【便利なチェックリストつき】保存版!!カナダに留学するときの持ち物60選

カナダのコンセントはズバリAタイプ!

タイトルでも言っちゃってますが、カナダのコンセントはズバリAタイプです。
日本も同じAタイプなので、特に変換プラグなどは必要ありません。
そのままプラグを差し込んで問題なく使用できます。

コンセントを使う際の注意

日本のプラグがそのまま差し込めますが、カナダのコンセントを使う際には注意が必要です。
まず使用する日本の電化製品のラベルや取り扱い説明書に「100-240V」と記載してあるか確認しましょう。
日本の電圧は100V、カナダやアメリカは120V。なので、「100-240V」と記載してあればカナダでも問題なく使用できます。

カナダのコンセントで使える日本の家電一例

  • パソコン
  • スマホ
  • デジカメ

などの充電器。
最近の日本の家電の多くは、240ボルトまで対応していますので、そのままカナダに持ち込んで使用しても問題ありません。

変圧器は必要ない?

上記のように「100-240V」の記載があれば、問題なく使用できますが、記載がない場合は変圧器の使用をお勧めします。
多くの日本の電化製品がカナダで使用できますが、中には電流が高いものなど長時間使用したり電源をつけっぱなしにしていると、故障や最悪の場合発火の恐れもあるので、事前にしっかり確認しましょう。

電圧の確認をした方がいい日本の家電一例

  • ドライヤー
  • ホームベーカリー
  • アイロン

などの電化製品。
ここに挙げたものはあくまで一例です。他の電化製品も念のため確認してから使用するようにしましょう。

また、最近では海外対応のドライヤーなどもあるようですが、可能であれば現地で購入する方が無難かもしれません。

変圧器はこれでいいと思います。

延長コードやタップを選ぶ時の注意

カナダで使う延長コードやタップを選ぶ際は注意が必要です。カナダの電化製品はアースが付いていることが多いですが、アースの穴がない延長コードやタップにはアースが邪魔して差し込めません。
写真を見てもらえばわかりやすいと思います。

カナダで使う延長コードやタップを選ぶ際は、できればアース用の穴がついたものであると日本製カナダ製両方カバーできるので良いかと思います。

まとめ

カナダのコンセントのポイントは

  • カナダのコンセントはAタイプなので日本の電化製品の多くが変換プラグなしで使用できる
  • 電化製品によっては変圧器はあった方が良い(事前にラベルの確認を)
  • ドライヤーなどの使用には注意が必要
  • 延長コードやタップはできればアース付きタイプのものを

といった感じです。
以上、カナダのコンセントに関する情報まとめでした。


Sponsored Link

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow