Now Loading...

Now Loading...

人生観変わる気球体験と地下都市を巡るツアー!トルコ・カッパドギアのギョレメ2日目。

Sponsored Link

早朝3時半。
眠いけど起きる。
今日は人生で初めて気球に乗る日。

空がまだ暗いうちにワゴンがホテルまで迎えにくる。
ツアー参加者皆が集まったところで、カッパドギアの砂漠へ繰り出す。
そこには沢山の気球がすでにスタンバイしていた。

P1040985

大きく膨らんだ気球に総勢20人ほどが乗り込む。
簡単なアナウンスと、着陸時の練習を済ませると早速離陸。
操縦士はリズミカルにバーナーを炊き、気球はみるみるうちに少し肌寒い空中へと登っていく。

間もなくして日の出。
暖かい太陽の光がカッパドギア全体に行き渡る。
無数に浮かぶ気球群。
そこから見下ろす雄大で静かなカッパドギアの大地。
言葉では形容しがたい体験。

P1050055P1050022P1050074

気球ツアーのあと一旦ホテルに戻り、まだ朝方なのでテラスでもう一眠り。
10頃起きてガーデンで朝食を済ませ、チェックアウトをし、前日にギリギリ予約できたブルーツアーに参加。

Sponsored Link


P1050156P1050159

その昔ローマ帝国にクリスチャンが迫害されていた時代、クリスチャンが隠れ住んでいたという地下都市を巡る。
地下都市には、連絡路、貯蔵庫、教会などがあり狭く入り組んだトンネルが各フロアと複雑に繋がっている。

P1050199P1050203

地下都市の後は渓谷をハイキングをし、川のせせらぎを聞きながらランチ。
その後岩の中に作られた洞窟の住居を訪れ、ギョレメパノラマという渓谷の上の眺めの良いスポットを訪れる。

P1050220P1050233P1050253P1050275

最後にお土産屋さんに寄った時、ツアーワゴンの運転手さんの携帯が鳴る。
なんと奥さんの出産立ち会いのため、ここでほかの運転手に交代するという。
なんとも記念すべき日のツアーとなった。

ツアーはサイクリングに比べると少しあっけない感があるけど、要所をくまなく巡れガイドの説明も勉強になる。
夕食を済ませた後、夜行バスに乗ってイスタンブールに戻る。

←次の日に続く


Sponsored Link

この記事を書いた人

こんにちは、ソラです。

海外生活に憧れ、カナダ・バンクーバーへ移住したソラのブログ。失敗、後悔しない移住生活を目指す人に向けて日々情報を発信しています。

詳しく見るarrow

Sponsored Link

arrow